赤ちゃんが生まれて最初にやってくる大きなイベントといえばお宮参りです。

赤ちゃんの健康と成長を願う行事として昔から行われてきたのですが

そもそもお宮参りとは何をするのか?どんな意味があるのか?について一緒に見ていきましょう。

お宮参りとはどんなもの?

お宮参りは「初宮参り」とも呼ばれ、赤ちゃんが生まれて初めて、その土地の守り神である神様や氏神様にお参りする行事です。

赤ちゃんの誕生を神様に報告して、その土地や一族の一員となったことを認めてもらい、健康と長寿を祈るために行われます。

お宮参りの時期ですが、男の子の場合は生後31日目か32日目、女の子の場合は生後32日目か33日目に行うのがよいとされてきました。

しかし実際には日数にこだわる必要はなく、生後30日前後でママや赤ちゃんの体調を最優先で決めれば大丈夫です。

真夏や真冬に重なる場合には無理に行う必要はなく、過ごしやすい気候になるのを待って行うとよいでしょう。

またお宮参りでは、産後の母体のけがれを落とす意味合いもあるため、赤ちゃんを抱っこするのは夫の母親とする習慣が根付いています。

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・

地方風俗

~綾つ子~

関西・東海・東北などの風習。

生まれたばかりの子供が初めて外出するときに、額に「×」「大」「犬」「ゝ」などの印をつけること。「犬」は少数派。魔除け。

現代では「宮参り」をするが、その代わりでもあるらしい。印は「鍋のすす」でする場合もある。男の子は黒、女の子は朱の印ということも。ヤスコとも言う。

康和(こうわ)年間(1099~1104)の公家の日記に「あやつこ」の風習の記述があるので歴史はそれ以前からある。

荒神谷遺跡から発見された銅剣や銅鐸にも「×」の字が見られる。同様の意味ではないかと思われます。

(日本神話・神社まとめ 参照)

「紐銭」も関西エリアで行われている風習です。

お宮参りで赤ちゃんが着用する祝着の紐にお祝い金を結びつけます。

親戚や近所の人たちからもらったお祝い金を「お金に困りませんように」という願いを込めて結びつけます。

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。

赤ちゃんの成長を祈り、素敵な1日になりますように^^