私は帝王切開で、第一子を出産しました。

そろそろ赤ちゃんが欲しいね~と夫婦で話していた時に、妊娠したかな?と思うことがあり、検査薬をしてみると陽性反応が・・・。トイレの中で、「おぉ~~」と手が震えました。

そこからすぐにつわりが始まりました。2、3ヶ月くらいしんどかったように思います。その間、実家がすごく恋しくなりました。帰りたいけど、電車に乗るのが辛くて・・・。各駅停車の電車に乗り、外の空気を吸いながら、50分かけて、なんとか実家に帰っていました。この頃は、お腹に変化もないし、”本当にいるんだろうか・・・。元気に出てきてくれるかな・・・。”と不安な思いでいっぱいでした。

つわりが落ち着くと、もともと外に出たいタイプの人間なので、積極的にマタニティ向けのイベントに行ったり、自治体が開催している母親教室に行ったりして、楽しく過ごしました。旦那さんとは、ハワイへ行きました。

お腹の子供の性別ですが、なんとなく”男の子かな~”と思っていましたが、検診の結果”女の子”でした。女の子だと分かると、旦那さんは、夜な夜な子供の名前を唱えながら考えていました(笑)私も名前辞典を買い、色々考えていたのですが、旦那さんにことごとく却下されてしまいました・・・。旦那さんは、”これ”という名前を決めてしまっていたので、そのまま強行突破されてしまいました。(笑)

お腹の中で、グルグル元気に回っていた赤ちゃんは、ついに逆子になってしまいました・・・!!!逆子体操をするも、効果が出ず・・・。帝王切開で産むことが決まりました。手術の前日に、大好きなお店のカレーうどんを旦那さんと食べに行きました。カウンターのお店なので、子供が生まれたらなかなか行けなくなるだろうし、食べ納めが出来てよかったです。

いよいよ手術の日。

朝10時に、歩いて手術室へ入りました。手術中は錯乱状態で、本当にドキドキしました。優しい麻酔の先生に、「大丈夫だからね~。」と手を握ってもらっていましたが、私は、「いやだ。早く終わって欲しい・・・。」と話していたような記憶があります。麻酔をしているので感覚はないですが、出てくる時の振動は不思議と伝わってくるんです。ブルブルっとした動きを感じて、”何?!この振動・・・?!!!”と、ただただ怯えていました。そしてこの時、なぜか”炭酸が飲みたい!!!”と思っていました。きっとスカッとしたかったんだと思います。(笑)

手術室に入り約10分後、無事に産まれてきてくれました!!!長く感じたけど、時間にしたら一瞬でした。赤ちゃんを見た瞬間、「出てきた~」と涙がこぼれました。ただ残念なことに、カンガルーケアが出来ず・・・。病室に戻ると、旦那さんが、嬉しそうに赤ちゃんを抱っこしている写真を見せてくれました。”私まだ抱っこしてないのに~”と、ちょっぴり悔しかったです。

我が子を生んだ日が、たまたま偶然ですが、その年の、「母の日」だったんです。大切な大切な我が子。ママになった私への最高のプレゼントとなりました。